中学受験の準備として願書の書き方と注意点を知っておくことは受験生をもつ親として大切なことです。受験すると決めている中学校と、受験する可能性のある中学校の分も準備しておくようにします。小学校の先生に調査書の依頼をする場合は早めに冬休み中に頼むようにします。中身は見ないでそのまま提出します。通知表のコピーが必要になります。中学受験に備え多めに用意します。願書を記入する前には必ず下書きをします。文字の大きさ、バランスに気を配り、志願理由などは、子供の熱意や親の考えなど伝えるようにします。学校説明会の校長先生のはなしを思い出しながら丁寧に誤字脱字のないように書くようにします。願書用写真は多めに準備して、写真がはがれないようにします。中学受験の注意点としては下書きした後清書するとき、丁寧に下書き通りに書きます。間違えたら、修正液は絶対に使用しないようにします。きれいに二重線を引き、訂正印を押してなおすようにします。清書の後、信頼できる人に確認してもらうようにすると安心できます。緊急時の連絡先を記入するようにすることも大切です。補欠、繰り上げ合格に対応できるようにしておくことも中学受験では重要です。