中学受験をしようとする人は多いですが、それは過酷な戦いが続くといっても間違いはないです、それは中学受験の試験の内容は、小学校とはくらべものにならないくらい難易度が高いということと、試験内容の範囲が広範囲なため、学ぶ内容が膨大だということにつきます。
科目も国語、算数、理科、社会とありますので、すべての科目でしっかりと力を付けるのは大変です。
そのため、子供が小さいころから受験を考えるのでしたら、やったほうがいいこととして、受験の準備があります。
それは読書の習慣をつけておくということです。
学ぶということは、理解していくことですから読書の習慣があったほうが、理解しやすいです。
お勧めの読書は、自分の興味のあることで十分です。
たとえそれが、どらえもんの漫画シリーズであっても、歴史の本、ハリーポッターシリーズなどなんでも自分で読みたいというものから読んでいくのがいいです。
たくさん読むのが苦にならないとか、本を読んでいくのが楽しいというのが、とても理想的なことです。
とくに国語の問題は長文を読まされる問題も多いので、中学受験の準備としては、文章を読むのが苦にならないという生徒は、勉強もスムーズにいくことが多いのです。