中学受験の時、夏休みと冬休みの時間は貴重です。
勉強するにはうってつけの期間であるといえます。
ですがひたすら勉強するのは良くありません。
何故なら息抜きをする機会がないからです。
普段の時だと友達と遊んだりして息抜きできますが、休み期間中の場合は難しくなります。
友達も用事で留守にする時があるからです。
そこで家族間でも息抜きできる準備をしておく事です。
例えば旅行や博物館などの遊びと学びができる施設が良いです。
旅行でも実は勉強できる機会はたくさんあります。
机に向かうだけが勉強ではありません。
違う場で学ぶ事はいつもより新鮮に感じられるはずです。
例えるならば課外授業をイメージしてもらえれば大丈夫です。
そうすれば気分はリフレッシュできるし勉強も兼ねられるので、まさに一石二鳥です。
博物館などの施設については、より深く学ぶ機会になります。
暗記した事を直接見たり触ったりする事ができるので、より記憶に残りやすくなります。
中学受験において緊張し過ぎて実力が出せないのは最悪のケースです。
ですがより記憶に残った事はそうそう忘れません。
このように中学受験対策の準備は簡単にできます。
休み期間中は気が緩みやすくなるので、メリハリの利いた生活にするように心がけましょう。