中学受験はとても辛く断念する場合もあるようです。
そうならないように準備する事が大切です。
何をすればよいかというと、1つ目はプレッシャーを与え過ぎない事です。
成績が上がらないと、親は勉強時間を増やそうと考えるはずです。
受験生も成績について考えており、何とか成績を上げないといけないと考えます。
それが続くと精神面の負担が大きくなり、断念する可能性が高くなります。
そこで以前できなかった問題ができたら、褒めるべきです。
そうすれば受験生も親の期待に応えられたと思い、やる気が持続しやすくなります。
それに問題が解ける事の楽しさを再発見できるので、効果的です。
2つ目は将来の夢の実現を促す事です。
つまりなりたい職業のために中学受験を成功させよう、と思わせるのです。
将来の夢がない受験生は、休憩や息抜きの時に親がさりげなく尋ねたりアドバイスするのが良いでしょう。
3つ目はライバルがいる事です。
1人だとあきらめてしまいがちですが、ライバルがいれば張り合いがあるでしょう。
それにその子と一緒に中学生活を過ごせれば、入学後も安心できるでしょう。
以上が中学受験を断念させないための準備になります。
諦めそうになる時は何かしらのサインがある事がほとんどなので、それを見逃さないようにしましょう。