中学受験は本人の希望と言う場合もありますが、親の夢と言う事も少なくありません。
その為どうしても理想を追い求めてしまう事もありますが、実際に合格する為には夢だけを抱いていても足りないという事は明白です。
ではどうすれば良いでしょうか。
まず中学受験をする時は、その準備として勉強をするという事が必要です。
またただ勉強をするだけでなく、志望校の学力、さらに自分の実力を把握しなければいけません。
そして、そこに差があまりない状態であれば今のままの勉強をし手も良いのですが、大きな差があると感じた時派勉強法を変えるという事も必要です。
それが中学受験の準備として行っておくべき事だと言っても良いでしょう。
勉強法に関しては、まずは苦手な所を無くす所から始めます。
実際に自分の実力を測ってみると、何が苦手なのか、得意なのかという事も見えてくるはずです。
得意な所を伸ばすという事も必要ですが、やはり苦手な所があるのは良くありません。
苦手分野を克服する事、そして自分の基礎力を底上げする事を目標とすると良いでしょう。
そうする事によってしっかりと勉強をする事が出来、勿論中学受験への準備も万端の状態にする事が出来るはずです。